注目度はますますアップ|調理の達人になりたいなら専門学校に通うべき

調理の達人になりたいなら専門学校に通うべき

料理人

注目度はますますアップ

コーヒーを淹れる人

空前のカフェブーム

空前のカフェブームから、コーヒーに詳しく、コーヒーを淹れる技術に長けたバリスタ資格のニーズが高まってきています。日本でもこの資格は認知され始めており、持っているとお客様からしっかりと知識と技術を持っているんだなと信頼してもらえるメリットがあります。また、バリスタはコーヒーの知識や技術に加え、カフェでの接客のプロでもありますから、カフェスタッフの中心的な役割を果たす人材として、一目置かれるようになります。そして、美味しいコーヒーを淹れる技術を持ったバリスタは、カフェや喫茶店を経営するうえでも、大変有効な資格です。店内に認定証があれば、他のカフェや喫茶店との違いをアピールすることができ、ご自身のお店に箔が付きます。このように、バリスタ資格はカフェ経営を行う方や、カフェなどの飲食店スタッフを中心に注目されている資格です。

本気で目指す方へ

バリスタ資格を取得するためには、日本バリスタ協会が認定するスクールで指定された講座を受講し、これを修了しなければなりません。そして、講座修了後に課されるライセンス試験で、筆記試験と実技試験で合格レベルと認められればレベル1の資格を取得することができます。レベル1の上にはレベル2、レベル3が設置されており、それぞれ専用の講座修了とライセンス試験をクリアしなければなりません。なお、レベル1の講座を受講するためには、バリスタとして店舗で働いていることや、日本バリスタ協会の認定校で基礎ぶ条件が課されています。そして、店舗や認定校でしっかりコーヒーの知識や技術について学び、テイスティング力などを身につけておけば、レベル1を取得でき、上位資格を狙うこともできます。特に、カフェなどの店舗経験を通じて資格を取得したい方は、お店の研修制度が合否に大きな影響を与えます。したがって、店舗を選ぶ際には、バリスタ資格向けの研修制度が整っているかどうかを、しっかり電話で確認することをおすすめします。