みんなが大好きな日本食|調理の達人になりたいなら専門学校に通うべき

調理の達人になりたいなら専門学校に通うべき

料理人

みんなが大好きな日本食

寿司

師匠のもとに弟子入りする

子どもたちに好きな食べ物を聞くと必ず上位に来るのがお寿司です。魚介類を生で食べる数少ない民族である日本人にとって、お寿司は切っても切り離せない大切な食べ物です。最近では機械で握ってお得な価格でお寿司を提供してくれる回転寿司なども増えつつありますが、まだまだ寿司職人さんがいる落ち着いた雰囲気のお店でお寿司をたしなむ大人の人も多いです。寿司職人になるためにはお寿司屋さんを経営している師匠のもとに弟子入りをして、そこで修業を積むというのが当たり前でした。一人前になるのには十年以上の月日がかかると言われており、それこそシャリを握らせてもらえるようになるまでにも数年かかります。弟子入りをして寿司職人を目指すメリットはお客さんからの信頼を得やすい点です。師と仰ぐ寿司職人さんのもとにはその味を求めて多くの美食家が集うわけですが、そういった人たちに認めてもらうことでより多くのお客さんに来てもらいやすくもなります。また、超有名店で修業をしたというネームバリューは将来独立をした時に非常に心強いです。

専門学校という手もある

しかし、近頃は寿司職人になるための専門学校なるものも登場しています。この専門学校に通う期間は長くても一年程度で、弟子入りをして修業をするのと比べるとかなり早く独立できます。将来、独立をして自分の店を持ちたいと考えている人の場合にはこちらを検討してみる価値ありです。お寿司屋さんを営んでいくためにはおいしいお寿司を握れること以外に簿記などの経営に関する知識を身に付ける必要があります。さらに、たくさん増えつつある回転寿司のチェーン店などの対抗するためにいろいろと趣向を凝らすことも重要です。こういったビジネスに対する感覚は実際に経営を経験することでしか培うことができないので、すぐに実践の場に飛び出せる専門学校はかなり魅力的なルートです。どれくらいの期間修業をしたかという点は確かに分かりやすい評価点ではありますが、結局のところ寿司職人としての良し悪しを決めるのは握ったお寿司の味です。どんなルートで寿司職人を目指すとしてもその点に変わりはないです。