効率的に学べる|調理の達人になりたいなら専門学校に通うべき

調理の達人になりたいなら専門学校に通うべき

料理人

効率的に学べる

寿司を握る人

ここが違う

寿司学校は、これまであった長期間修行をして寿司を握らせてもらえる従来のシステムとは違います。掃除や洗い物を中心とした長い下働きをしながら目で盗み、ようやく握らせてもらうことを必要としません。最初から寿司を握る上で必要なことをマニュアルとして、わかりやすく指導してもらうことができます。マニュアル化することで、指導すればできることに余計な時間をかけることはありません。そして、マニュアル化のメリットは、勘違いを防ぐという側面を持ちます。自分が正しいと思ったけど、実は間違ったまま覚えていたという迷走を防ぐことができます。学校なので、教え方も丁寧で、わからないことを聞きやすいということも大きなメリットになっています。

見極めが必要

メディアにも取り上げられ、寿司学校の知名度が上がってきました。知名度が上がると、寿司学校同士の競争も出てくる可能性があります。競争が出てくると、それぞれ特色を出してきます。例えば、似たような寿司学校でも、職人を養成するために学校なのか、趣味やリタイアした人を対象にした学校なのかです。講師の質は同じだとしても、入学してくる人の心構えややる気によって学校全体の雰囲気が変わってくる可能性があります。ですから、自分が目指すのは職人なのか趣味の延長なのかを決めておくことが大切です。そして、寿司学校内の雰囲気を感じられる体験入学を利用したほうがよいです。パンフレットだけでなく、実際の肌で感じる雰囲気は選ぶことに大事なものです。