調理の達人になりたいなら専門学校に通うべき

メンズ

食に関する仕事へ就く準備

コック

最短で国家資格を取得する

食に関する専門資格が調理師です。その調理師免許を持っていれば様々な飲食店で採用してもらえる見込みが高くなりますし、将来的に飲食店を経営するという時にもその免許が役立ってくることがあります。そして、そんな調理師の国家資格を取得する方法としては、飲食店で実務経験を積んでその受験資格を得て、試験に合格して取得する方法と専門学校へ通って取得する方法の二種類のルートが存在します。また、実務経験を積んで試験に合格する方法は数年かかりますので、最短で調理師の国家試験を取得したい方は専門学校へ通ったほうが良いです。専門学校ならば2年程度の履修科目を全て修了すると、調理師の国家資格を手に入れる事が出来るようになります。

コースが豊富なのが特長

調理師資格を取得できる専門学校の特長は、コースが豊富にあることです。普通の料理人になるための知識を身に付けられるコースもあれば、パティシエになるための知識を身に付けられる専門学校も多いです。その他には将来的にお店を経営するようになった時に役立つ知識だったり、調理や料理業界のマナーやサービス方法等も学ぶことが出来るのも魅力となっています。テーブルサービスやワインサービスなど料理人には欠かせない知識や技術も学べます。直ぐにプロとして働きたいと考えている方も専門学校へ入学することは大きなメリットとなってくるでしょう。また、多くの専門学校では入学した学生がちゃんと就職することが出来るように、就職斡旋をしてくれるのも特長です。

みんなが大好きな日本食

寿司

一昔前はお寿司屋さんの寿司職人に弟子入りして、そこで修行するのが一般的な職人への道のりでした。しかし、最近は寿司職人を養成する専門学校も存在しており、そこに通うのもおすすめです。学校では実践的な技術を磨くことができ、ビジネスの感覚を身につけられます。

もっと読む

効率的に学べる

寿司を握る人

寿司学校は、必要なことをマニュアル化することで、効率的に覚えることができ、勘違いを防ぐことができます。また、寿司学校を選ぶ上で、自分が目指すものを見極めて、寿司学校の雰囲気を肌で感じることも大切です。

もっと読む

注目度はますますアップ

コーヒーを淹れる人

空前のカフェブームから、バリスタ資格はカフェを経営する方や飲食店スタッフから大いに注目を集めています。バリスタ試験はレベル1から3までが設けられており、講座修了と試験合格が取得要件です。なお、働いている店舗の研修制度や、認定校での学びが資格取得に大きな影響を与えます。

もっと読む